飲酒する男性とレビトラの写真

レビトラとアルコールはどのような関係があるのでしょうか。レビトラを服用した際に飲酒しても良いのか、正しい知識を身につける必要があるのです。お酒の力を借りて性行為に臨む方も多く居ると思います。ここではレビトラとお酒についてお話ししていきます。

レビトラはどのような効能を持ち人体に作用する?

ED治療薬であるレビトラの効能について説明をするには、簡単に述べるとPDE5阻害作用があるのですが、それがどういうものであるのかは勃起のメカニズムと合わせて説明した方が理解しやすいです。
男性が勃起をするためには視覚や聴覚の情報を頼ったり、あるいは陰茎を物理的に直接刺激を与えて性的に興奮する必要がありますが、その際には一酸化窒素が放出されてcGMPという物質が生成されています。
このcGMPという物質が生成される事によって陰茎の血管が拡張され、それによって陰茎の海綿体内に大量の血液が流れ込み、これが勃起と呼ばれる状態になります。
ただ、そのままだと勃起し続けてしまう事になりますが、cGMPは最初にも出てきたPDE5と呼ばれる酵素の働きによって分解されるようになっています。
それによって勃起した陰茎は元の状態に戻っていくのです。
レビトラはPDE5阻害薬であると述べたとおり、勃起状態を解除するために重要な働きをしているPDE5を阻害する作用があり、それによって勃起状態を維持しやすくなるという事になります。
勃起のメカニズムと混ぜて説明しましたが、レビトラがどのように人体に作用するのか説明した通りにレビトラ自体が勃起状態を促す効果があるという訳では無く、性的な刺激によってcGMPが生成されなければレビトラの力だけで勝手に勃起するという事は無いです。
ED治療薬についてよく理解していないと服用するだけで勝手に力強く勃起してくれると勘違いをしている人もいますが、決してそのような事にはならないです。
ただ、PDE5が阻害される事によって、ちょっとした刺激によっても勃起しやすくなる事は充分に考えられます。