レビトラとアルコールの関係性

飲酒する男性とレビトラの写真

レビトラとアルコールはどのような関係があるのでしょうか。レビトラを服用した際に飲酒しても良いのか、正しい知識を身につける必要があるのです。お酒の力を借りて性行為に臨む方も多く居ると思います。ここではレビトラとお酒についてお話ししていきます。

レビトラはアルコールに負けないED治療薬

薬は基本的にアルコールとの併用が出来ないものとされているのですが、レビトラの場合はアルコールの影響を受けづらいという特徴を有しています。
もちろん泥酔するほどにアルコールを摂取してからレビトラを服用するなどのことはしてはいけませんが、多少たしなむ程度であれば悪影響は出づらいと言えます。
むしろEDは精神的なストレスやプレッシャーが原因となっていることもありますから、そうしたことが原因なのであれば適量のアルコールは精神を落ち着けて勃起しやすい体を作ってくれることになります。
加えてアルコールには血管拡張作用があるということもよく知られており、上手く活用することが出来れば陰茎部への血流量を増やしてより勃起しやすい状態を作ることが出来るでしょう。
そのためもし普段からアルコールを飲んでから性行為に臨んでいたということであれば、そうした生活を無理やり変える必要はありません。
ただ少々注意が必要なのは、アルコールというのはEDの原因になることもあるという点です。
特に毎日アルコールを飲む生活を続けているような場合、アルコールによって血圧が高い状態が作られてしまうリスクがあります。
この高血圧というのはEDを引き起こす大きな要因の一つとされているのです。
ではどうして高血圧がEDに繋がるのかというと、これは高い血圧で血液が流れ込んでくる血管には恒常的にダメージが加えられるというのがポイントになります。
血管に対してダメージが加えられる状態が続くと血管の中では血液のかさぶたである血栓が作られてしまい、それによって細い血管がふさがれてしまうことがあるのです。
これが陰茎部の血管で発生すると勃起に必要な血液を確保できないことになりますから、EDを引き起こすことに繋がるわけです。
そのためレビトラ自体はアルコールと併用しても問題ないものの、高血圧と言われているのであればアルコールはなるべく控えることをお勧めします。

■レビトラと一緒にサプリメントもどうぞ
サイズプロウルトラ
■長い効果時間が欲しい方には、レビトラではなくこちらのED治療薬をおすすめします
シアリス
■レビトラを始め医薬品を通販する時は詐欺にお気をつけください
あんしん通販薬局 詐欺